トップページ > ダイエット中の食事メニュー



ダイエット中の食事メニュー

 
 ダイエット中の食事は基本的に1日2食で、メニューとしては以下のような内容です。

 朝食は基本的に食べず、牛乳や野菜ジュースのみです。マルチビタミン&ミネラルのサプリメントは栄養補助として、整腸剤は腸の機能を正常化し、栄養吸収をしっかり行うことが狙いで摂取しました。

 昼食は会社で食べるコンビニの普通サイズのおにぎりです(具材は適当)。飲み物は食事中に緑茶、食後に缶コーヒー(微糖)を飲みました。緑茶には体に良い多くの成分が含まれており、コーヒーと同じく眠気覚ましのカフェインも含みます。

 夕食は納豆ご飯を主食としますが、毎日食べると飽きるので時々別メニューに変更します。そして、栄養補助食品として魚肉ソーセージやライトミールブロックも追加します。
 飲み物はウーロン茶や麦茶としましたが、ウーロン茶にはカフェインが含まれているので、就寝時間が近い場合はノンカフェインの麦茶としました。


【食事メニューの例】 【量】
・牛乳 or 野菜ジュース
・サプリメント
・整腸剤
・コップ1杯
・適量
・適量
昼食 ・おにぎり
・緑茶
・コーヒー(微糖)
・2個
・適量
・缶1本
夜食 【メインメニュー】いづれか1品
・(基本)納豆ご飯
・(時々)サンマの蒲焼きご飯
・(時々)梅干しご飯
・(時々)蕎麦(そば)

【サブメニュー】いづれか1品
魚肉ソーセージ
ライトミールブロック
・野菜サラダ
・味噌汁

・サプリメント
・整腸剤
・ウーロン茶 or 麦茶

・2パック+お米茶碗1杯
・1缶+お米茶碗1杯
・1個+お米茶碗1杯
・一人前


・1本
・2本
・小皿1杯程度
・茶碗1杯

・適量
・適量
・適量

【食事メニューの例】 【量】
・牛乳 or 野菜ジュース
・サプリメント
・整腸剤
・コップ1杯
・適量
・適量
昼食 ・おにぎり
・緑茶
・コーヒー(微糖)
・2個
・適量
・缶1本
夜食 【メインメニュー】
いづれか1品
・(基本)
納豆ご飯
・(時々)
サンマの蒲焼きご飯
・(時々)
梅干しご飯
・(時々)
蕎麦(そば)

【サブメニュー】
いづれか1品
魚肉ソーセージ
ライトミールブロック
・野菜サラダ
・味噌汁

・サプリメント
・整腸剤
・ウーロン茶 or 麦茶



・2パック+米1杯

・1缶+米1杯

・1個+米1杯

・一人前



・1本
・2本
・小皿1杯程度
・茶碗1杯

・適量
・適量
・適量

 しかし、長いダイエット期間中に、この様な食事メニューだけでは食べる楽しみが無くなり、ダイエットのモチベーションを維持しにくいので、週に1回程度は好きなモノを食べました

 私の場合は肉や揚げ物が好きなので、週末にそれらを食べましたが、ダイエット前の様に大盛りや特盛レベルの量ではなく、普通の1人前程度の量に制限しました。
ダイエット中の食事制限イメージ図

 ダイエットを始めた頃は、好きな食事の量が少なく、モノ足りなさを感じましたが、ダイエットを続けるうちに徐々に満腹感が得られる様になりました。
 ダイエットにより徐々に胃が小さくなっていったのだと思います。


ダイエットには日本食がおすすめ

 私が実践した長期間ダイエットでの食事メニューは、自分で言うのもなんですが、決して褒められた内容ではありません。これは料理をしないズボラな私なので、つい単品メニューになりがちだからです。

 料理をする人ならば、栄養バランスの良い数品目のおかずを少量づつ加えて、全体としての食事量を減らすのが良いでしょう。特に古くから日本で食べられてきた食品がおすすめです。

【日本で長く親しまれてきた食品】
米、そば、うどん、野菜、魚介類、海藻類(海苔、ワカメ、昆布、ヒジキなど)、納豆、豆腐、漬物、梅干し、味噌汁など